次はこの状態をキープする為に考えなきゃです。 

 

おはようございます。

昨日はアキ茶の通院日でした。

さすがに年末は忙しいのか

bnNMxeugTwhMe0U1450150641_1450150695.jpg

イタチ運輸神戸支店で爆睡されていたので
コソーッと「ごはんですよ~・・・。」とお声掛けすると、起きてくれたものの

FbaqDa137qNzEq11450150756_1450150816.jpg

寝転がったまま食べる気満々でしたので
「あ~たさすがにそれはNGですYO!」と注意して、何とか無事

4ztBDQqBoDrru5t1450150856_1450150984.jpg

デリバリーで朝ごはんも終了。

そのままバビュンッと病院へ向かい、血液検査の結果はまさかの
GPT219(基準値82~289IU)、ALP294(基準値30~120IU)、血糖値49(基準値63~134mg/dl)という
めちゃくちゃよくなってる、むしろなんでこんなによくなったの!?という結果に
スーパー獣医さんとあれれ~??ってなりながらも
わたしゃ嬉しくって嬉し泣きしそうでした( ;∀;)

前回(12月4日)がGPT1000over(基準値82~289IU)、ALP358(基準値30~120IU)、血糖値47(基準値63~134mg/dl)で
変更したことといえば

・肝臓のお薬のウルソ→シリビン
・ステロイド減量

なのですが
(一度抗生剤も変更しましたが、カクカクシカジカで戻しました。)
ステロイド減量したからってすぐにこんな結果になるとは思えないので
もしかしたらもしかしたでウルソ中毒だったのかもなぁと思っています。

ウルソ中毒は前回から少し疑ってて、可能性は低いけども怪しいなぁと思っており
それを下宿人さんにお話しすると

NU1V6M3v6sZ1vry1450151607_1450151692.jpg

↑これを送って下さったのです。
やはりウルソでの副作用はこうやって見るとそこそこの頻度であるらしく
絶対そうとは言い切れないですが、ものすんごい早い経過の回復ですし
シリビンにこんな即効性の効果があるとは思えないですし・・・(;´・ω・)

あと、ステロイドを減量してから発作が起きてはリバウンドして
アキ茶自身かなりしんどそうだったので、いろいろと考えた結果
フルクトースをごはんを食べる直前にあげ始めました。

フルクトースって果糖なんですが、インスリノーマって発作時以外は糖分NG!なのが一般的ですし
私もずっとそう思ってきました。
発作を起こさない様にする為にはごはんをこまめにあげる方法が一番ですが
アキ茶みたいに食後に発作を起こすコや、ステロイドをこれ以上増量出来ないコにはいいのかなって。
ごはん前に

xbWt8KLELuHIccK1450151034_1450151161.jpg

ティースプーン半分~1杯程のカケシアをお湯で溶いて
上の分量でフルクトースを混ぜ、あげています。
あんまりあげ過ぎるとフルクトースに頼りっぱなしになってしまうので
あくまでも少量&アキ茶は1日6食のうちの1食目と5食目の前のみあげています。

これは何故かというと、1食目と5食目の後にアキ茶は活動するからということと
1食目と5食目の後に発作が起きやすいので
活動前にフルクトースで血糖値をゆーっくりあげて、その後のごはんで下がるのを防止します。

じゃあブドウ糖でもいいんじゃない?って感じかもですが
ブドウ糖は血糖値を一気にあげますが、下がるのもまた早いので
発作時以外は適さない気がします。

それに対して、フルクトースは90%そのまま吸収されるので
血糖値をほぼ上昇させずインスリンの分泌も促さないです。
ですが、10%がブドウ糖に変換されて吸収されるので
ブドウ糖として消化吸収されたフルクトースは肝臓でブドウ糖より早く解糖作用を受けますし
肝臓で直接代謝されるので、肝臓に負担がかかるのは間違いないですが
この辺はブドウ糖でも一緒ですし、今のところあんまり気にしていません。

この方法をやり始めてから、1回も発作が起きていない&調子が良さそうなのと
ステロイドを減量してからも血糖値の数値が変わっていないことから
きっとアキ茶にあっていると信じて
フルクトースの量が増えない様に調整しながら見守っていきたいなぁと。

これ、ちょっと前に下宿人さんに糖質アレコレを教えて頂いてからずっと考えていたことで
このキッカケで本格的に糖質アレコレについて調べることが出来て
非常に勉強になりました。
下宿人さん、本当にありがとうございました。

あ、フルクトースはAmazonや楽天、あとはちょいと大きなスーパーにも売ってました。
フルクトース(果糖)=果物ではなく、果物は果糖、ショ糖、ブドウ糖なので、果物で代用はNGです。

あと、GI値(血糖値の上昇率を表す指標)では
ブドウ糖>お砂糖>フルクトース
なんですけど、中性脂肪値の上昇速度は
フルクトース>お砂糖>ブドウ糖
なので、与え過ぎ&与え過ぎなくてもこまめに体重測定して
ごはんの量をしっかり調整しなければ確実に太ります。


と、いうワケで、帰宅後のアキ茶は

VtIG3dAX1U2_0oo1450151202_1450151305.jpg

ウネウネしながらマッタリされてて、とにもかくにも
今回はスキップで帰りたくなるくらい嬉しい結果でしたし
アキ茶の回復力にはビックらぶっこきました。

アキ茶、いつもありがとう。
この調子でがんがろーNE!



おばー茶んアキ茶、がんがってます!
今日のフルクトースの方法をチャレンジしてみようかな~って方、いらっしゃいましたら
必ず主治医の先生の許可を取って下さい。
とあるメーカーさんはインスリのコにメーカーさんのフルクトースを推薦しているみたいですが
個人的にステロイドとお食事で発作を起こさず
コントロール出来ているコには正直必要無いと思います、すみません(;´・ω・)
この辺は本当に先生によって賛否両論ですので、納得行くまで話し合ったほうがいいかなと。

みんなみんながんがれーーー!!!!


スポンサーサイト

category: アキ茶のAIHAとインスリ闘病記

tb: --   cm: --

△top