スーパー獣医さん、下宿人さん、皆様に心から感謝です! 

 

おはようございます。

この記事、IGを見て下さっている方は内容が重複して申し訳ないんですが
なっさん、一生懸命がんがってくれています。

1日5回のお食事も全てペロ完してくれるようになり
なっさんの食べるリズムを観察していると、夜の方がよく食べてくれるので
夜は少し多めに食べて頂いており
今は1日17gのふやかしごはんに免サポ掛けを継続中です。




こうやって自分から食べてくれることが本当に有難いですし
体重は最初の頃に50g減ってしまいましたが、今はこれ以上減る事無くキープしてくれてます。

補液と抗生剤の効果なのか、朝は

4TWdPSUsiV9QjY81438323853_1438323965.jpg

あくびを繰り返しながらも、自ら出てきてくれますし

zIYzQ_HAut_yARv1438323402_1438323458.jpg

食後のおやつもしっかり食べ、その後は

jobX6KEiiC22MFd1438323581_1438323757.jpg

だいたいニモ茶部屋に向かい、ニモ茶研究室を荒らしてから
自室に帰宅されてます。
相変わらず呼吸が苦しそうなのと、まだまだ寝ている時間がほとんどですが
行動範囲が広くなってきたのは嬉しい限り。

それでもやはり後ろ足がズルズル滑っちゃうので
潰した段ボールにバスタオルを巻いてから
そこに乗って頂き、ソリみたいに引っ張って走ってみたり抱っこして走ってみたり・・・

本当に本当に毎日がんがってくれてます。

Ferter研究も

FJMTM9AqyQSuZ_l1438323478_1438323549.jpg

ゆっくりですが、再開し始めてくれましたし
とにもかくにも、なっさんが前向きなのに私が後ろ向いてたらダメだということ。
闘病、介護生活はツラくて悲しいモノではないということ。
些細なことでとーーーってもハッピーになれるということ。


以前チラッと書きましたが、私はチビッコ時代に闘病しました。
抗がん剤もしましたし、骨髄移植もしてもらったからこそ
今の私がいるのは間違いなくって
自分自身の闘病生活というのは本当にしんどかった思い出しかない・・・


ワケではなく、先生から許可が出た時に食べれるおやつが唯一の楽しみでした。

なっさんもおやつが欲しくてキッチンまでやって来てくれる姿を見る度に
当時の自分と重なり、おやつはみんなのハッピーアイテムかも!?なんて
しみじみ思います。

そんな感じで、まとまりもないままでアレですけども
引き続きこのままなっさんのペースに合わせて進んでいきます。

いっぱい泣くことも間違いなく大切なんでしょうけど
それ以上にいっぱい笑うことの方がもっともっと大切な気がする
ここ最近の私の呟きでした。



まだまだこれからで、ド根性を見せてくれてます!
ではっ、またそのうち更新させて下さいませ。
覗いて下さりありがとうございました。

スポンサーサイト

category: なっさんの副腎皮質腺癌闘病記

tb: --   cm: --

△top