FC2ブログ

もっと向かい合うべきでした。 

 

こんにちは。


早朝、実家ワンコが亡くなりました。

なにをどうしていいのか・・・・・

頭真っ白になるくらいの悪すぎる血液検査の結果を叩き出してからも
4日間、とってもとっても頑張ってくれました。

ですが、私たち父、祖母、私やかっちゃんなんかより
実家ワンコが本当に逢いたかったヒトは来てくれなくて
そのヒトを説得できなかったことを一番悔みます。
情けない。


なので、今日の夜中は家にいつ帰れるかわからなかったので
申し訳ないけども
家を出る前にみんなに朝ごはんを食べてもらったんです。


ですが、悲しいかな、7時頃家に帰ると


kako-mtEpxD4kGKJxasqi.jpg

私がいなかったことに全く気付いていなかったスミッコの姿が。


本当に気付いていなかったっぽくて
????って感じでした。

ラン君は行く前に玄関までお見送りに来てくれてたので
「遅くてもお昼にはいったん帰ってくるからね。みんなを頼むよ。」と
伝えてあったので


kako-hmzegm4fruJyBQXp.jpg

一応お留守番・・・・

頑張ってくれていたみたいです。



あ、ちなみに


kako-ktae9Y7g5zDoEh0K.jpg

オモチャ箱を荒らしていたこの方も気付いていなかったです。


まま、想定内ですがね!



ふぅ。


なんだか、1年を生き続けるって実はすごく難しいことな気がします。
レイちゃんなっちゃんのときは今しか見ていなくて、先のこと・・・


明日のことすらなにも考えないようにしていて
大げさなんかじゃなく、今生きていることが嬉しくてしかたなかったんですが
実家ワンコにもそう接してあげるべきでした。

お正月は・・・

年内は・・・・

クリスマスは・・・


とか、未来への期待を持つことは間違いなく大事だと思うのですが
もっと今を共に歩んであげればよかったです。


実家ワンコにはまたね。なんてあつかましいことを言う勇気はないのですが
元気でね。と一言。

ありがとうと二言。


行ってらっしゃいが最後の言葉。


今まで応援して下さった方々、ありがとうございました。



banner (2)



今朝、1歳の甥っ子が窓の外に向かって
なにかお話していたみたいなんですね。
義姉は鳥とお話してるもんだと思っていたのですが
外を覗いても鳥はいなかったみたいです。

もしかしたら仲良しだった甥っ子に挨拶に来たのかな。

甥っ子は何度も頷いていたらしく
いつか、甥っ子がたくさんおしゃべり出来るようになったら
何を聞いたのか聞いてみたいなぁ・・・です。

スポンサーサイト

category: みんな

tb: --   cm: --

△top