FC2ブログ

なっちゃんの病気。その4 

 

その3の続きです。






先生もビックリなくらい成長していた癌。



てのひらのような形で、臓器を巻き込む寸前でした。


まさかたった1週間で・・・とショックでしたが
幸いにも転移はないらしく、それならばと先生のスケジュールで
一番早い5日後に再手術してもらうことに。



5日でどんだけ成長するのか正直わからないし
もしかしたら全部は取り切れないかもしれないと言われましたが
このままの進行速度で行くともってあと2カ月くらい。



kako-oLm4zgow8I9HVO95.jpg



イチかバチか、どの選択が最善なのか
なにもわからなかったけど
先生が助けるから。と言ってくれたので
かっちゃんと決めたことだし先生を信じてお願いしました。





5日後。


また午前中になっちゃんを預け
無事終わったよとの連絡を受けて面会に。



P1000187.jpg


少しだけ開けて頂いたICUの扉。

麻酔がまだ残っていたらしく上のような表情でしたが
手を握り

「なっちゃん、おつかれさま。会いに来たよ。本当に頑張ってくれてありがとね。」

そう声を掛けると、こっちを向き小さく手を動かしてくれました。




今回も心配していた合併症はなく
順調に回復してくれて本当に嬉しかったです。




そして、10日後に病理に出していた結果が出て
期待とは裏腹に
またしても皮膜への浸潤が認められるとのことでした・・・。





癌ってなんてしつこいんやろう・・・。


あんなに頑張ってくれたのになんでなんだ・・・。



そればかり思い、次再発しても手術はやめようと決めました。



kako-GdcgrVGE9S99gDjD.jpg




そしてわずか1カ月後。



またしても同じ個所への再発が認められました・・・。





kako-8HWHHBKnZf1R2Wpw.jpg




なんでなっちゃんなん・・・?
こんなんあんまりやん。






正直そう思いました。




どうやって今後この癌と付き合っていけばいいのか。
進行速度は今回どのくらいなのか。


先生に伺うと、申し訳なさそうに
ここまでの再発はマレだから
この先はわからないとのこと。



本来なら絶望的な言葉なのかも知れませんが
私にはそれが希望に思えました。




ならばまだまだこの癌と付き合ってやる。

癌がしつこいなら私もしつこく付き合ってやる。


戦うのはなっちゃん。


ならば、サポートするのは私やろと。



悲しいかな、この時点で癌の完治は諦めました。

悔しくてしょうがなかったけど、次なる目標は癌との共存。



私は寿命と病死は違うと思うので
癌との共存で寿命まで生きてもらおうと。





この時点でもやっぱりなっちゃんは超元気で
本当にそれが救いでした。






ですが、再発からわずか5日後の朝。


いつものようにフェレ部屋を開けおはよーって入ると
(うちはフェレットはフェレ部屋で放し飼いで、人がいないとき&夜だけフェレ部屋に
帰ってもらう感じでした。)


なっちゃんの様子がおかしい。


なんとなくですが、ボーっとしているような・・・
動きが遅い気がする・・・






一番は癌の破裂が怖かったので、病院に行く準備をして
その前になっちゃんを膝に置き
仰向けで寝転がらせてそっとお腹を触ると
破裂じゃなく腹水が溜まっているような感じ。

グッと押さないよう撫でるように再度確認するも
やっぱり腹水だと思ったので
大慌てで病院へ。




その5に続きます。
スポンサーサイト



category: なっちゃんの闘病まとめ

tb: --   cm: --

△top