なっちゃんの病気。その2 

 

その1の続きになります。






手術するにあたって先生からいろいろと説明を受けました。

左副腎と違い、右副腎は後大静脈が
からんでいるからかなり高リスクだということ。

術後、合併症が25%の割合で起きる可能性があるから
合併症になったら最悪命を落とすこともあると。

乗り越えれても腎不全か下半身の機能が低下するかもなど。


これは私の意見ですが、フェレットってすぐに後ろ脚に
ダメージを喰らうと思うんです。
高齢になってきたり病気したりすると特にそう思います。


なので25%は4匹に1匹なので
かなり高い確率やんって私は思いましたが
ここの先生とは初代フェレっ子からネコから
ずっと診て頂いていたため
絶大な信頼があったので大丈夫です!となっちゃんを託しました。


切らなきゃ治らないなら切ってもらうしかない。


最初は他になんか治療法はないのかな・・・と思ったりしましたが
飼い主がどんとかまえんとどないすんねんって思い手術の日を待つことに。


kako-yTjkWZwKReCy3zMB.jpg






手術日。


朝イチで預けて、先生から終わったよと電話を頂いたのは
夕方4時過ぎでした。

「会いに来るでしょ?」

そう言われ、大急ぎで高速吹っ飛ばして面会。


まだICUから出れないので
ガラス越しの対面でしたが、なっちゃんは麻酔から覚めたばかりなのか
ぼーっとしながらも私に気付いてくれて寄ってきてくれました。


嬉しくて号泣。


まずは合併症の第一段階クリアです。



先生から切った腫瘍を見せてもらうと
赤黒くピンポン玉くらいの大きさ。

手術までの5日で更に大きくなっていたらしく
副腎を巻き込んでいる静脈が腫瘍で潰されて
全く静脈としての機能をはたしていなかったそう。


かわりに他の細い血管達が頑張っていたらしく
ならばこの機能していない静脈は必要ないとみなして
クリップで挟んで切ったよと。


なので、右副腎も腫瘍とセットで切ったらしく
目に見えるモノは全て切ったからと笑いながら言ってくれて
本当に有難かったです。



P1000791.jpg



あとは病理の結果を待つのみですが
ほぼ副腎の癌で間違いないらしく
願うは皮膜を超えた浸潤がないことだけ。
(副腎は膜に包まれているので。)


病理の結果は10日後くらいらしく
それまでに順調なら退院出来るみたいで

「もちろん毎日面会来るよね?来れるよね!?ってか、毎日来てるか。ははっ!」

と先生。


その頃、残念ながら先代フェレは亡くなってしまっていたんですが
レイちゃんが肝不全で点滴&強肝剤の注射で3カ月ちょっと
毎日通っていたので
必然的に毎日面会に行けました。



ICUから出てくると直接会えたりして


kako-P0Htx1rngz0PTmBM.jpg


写真ぶれてますが、嬉しいのか点滴振り回してはしゃぐので
動きが早すぎて撮れずでした。



合併症もなく順調に回復していたんですが
なっちゃんは乙女なのでお腹の傷が気になるらしく
途中から腹巻生活に。
(フェレットはあまり傷を気にしないみたいです。)


乙女には屈辱的な腹巻と共に
偶然にも私の誕生日の日に退院しました。



一番嬉しいプレゼントでした。


kako-Vhl9ueA491Sd40n2.jpg



その3に続きます。
スポンサーサイト

category: なっちゃんの闘病まとめ

tb: --   cm: --

△top